金沢司法書士行政書士事務所

  • お電話でのお問い合わせは052-911-4438
  • メールでのお問い合わせはこちら
  • トップページ
  • 事務所紹介
  • 業務案内
    • まずはじめに
    • 借金でいっぱいの身の上を整理したい
    • 相続があった・遺言書を書きたい
    • 裁判所を利用したり、身近な紛争を解決したい
    • 土地や建物を売買・贈与したい
    • 会社を作りたい
    • 高齢や障害など判断能力が心配
    • 契約書を作ったり、許認可を受けたい
    • 国籍や入管業務に関すること
  • ブログ
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ

業務案内 - 具体的な事例とともに、弊社業務内容をご紹介いたします。ともにより良い解決に向けて取り組みましょう。

土地や建物を売買・贈与したい

土地の売買や家の新築、親族への贈与、不動産を担保にした融資、住宅ローンの完済など、不動産は登記をすることによって、その権利が守られます。

司法書士は、不動産登記手続を通じて、権利の保全に寄与いたします。

登記簿、移転登記、抵当権、担保権

売買による登記

不動産(土地・建物)の売買契約が成立しますと、「所有権移転登記」の申請をすることになります。

司法書士は、不動産売買の代金決済の場に立ち会い、代金の支払いと登記に関する書類(権利書など)を確認して、登記の申請を行います。
また、抵当権などの登記がなされている場合には、これらの登記の「抹消登記」と「所有権の移転登記」とを同時にすることで、登記簿上,買主の方が問題なく所有権を取得できるように、取引の安全に寄与いたします。

贈与による登記

不動産を贈与する場合には、贈与者(あげる方)から受贈者(もらう方)に「所有権移転登記」をすることになります。
まずは、お気軽にご相談下さい。

担保権(抵当権など)の設定、抹消による登記

抵当権などの担保権は、お金を貸したときに、不動産についてその設定登記をしておくことで、万が一返済を受けられない場合に、貸したお金を回収する権利を確保するものです。

住宅ローンによる「抵当権の設定登記」は、その代表といえます。
逆に、住宅ローンを返済し終えた場合には、「抵当権の抹消登記」を申請することになります。

その他の登記

住所や氏名に変更があった場合にする「登記名義人表示変更登記」、離婚をした際の財産分与を受けた場合、遺言による遺贈を受けた場合にする「所有権移転登記」などがあります。

費用の目安

  1. 所有権移転登記/45,000円~
  2. 抵当権設定登記/35,000円~
  3. 抵当権抹消登記/15,000円~

他に実費(申立費用)、消費税が必要です。

ご相談費用は1回につき5,000円となります。
(但し、多重債務に関するご相談の初回費用は無料です。)

上記の報酬は目安であり、個々の案件によって前後する場合があります。

お問い合わせ・ご相談はこちら

ページの先頭へ


Copyright(C) 金沢司法書士行政書士事務所. All Rihgts Reserved.